ファイテン×龍谷大学「産学協同教育プログラム」企業プレゼンについて

プレスリリース 2018年1月10日(水)
ファイテン株式会社(所在地:京都市中京区、代表取締役:平田好宏)は、龍谷大学国際学部八幡耕一准教授と協同で、当社が製造・販売する基礎化粧品「京のおしろい落とし」を題材にした京都の魅力を活用したマーケティング・ブランディングを学ぶ教育プログラム『「京魅力」活用マーケティングプロジェクト』を2017年9月27日(水)から約5カ月間13回の授業で実施してまいりました。
 
このプロジェクトは、龍谷大学国際学部八幡准教授が受け持つ同学部国際文化学科2年次生15名を対象にした「国際文化実践プログラム」の授業として、当社の商品を題材に、京都の文化に触れ、「京都を魅せる」をテーマに、マーケティング・ブランディング・プロモーションなどの企画の立案から実践までを行っています。
授業では、京都の芸舞妓の「肌荒れの悩み」の解消をきっかけに生まれた当社の基礎化粧品「京のおしろい落とし」を題材に、京都の五大花街のひとつ、宮川町のお茶屋に実際に足を運び舞妓さんや芸妓さんから直接商品の実感を聞くことや、企業の実務担当者をキャンパスに招いてグループディスカッションなども行ってきました。

当社は、京都に本社を置く企業として、京都で学ぶ学生を支援し、相互成長を願う活動として、当社の社員も講師として参加するほか、企画に対するアドバイスなど、全プログラムに参加しサポートを行ってまいりました。その最終成果発表として5グループ15名の学生から、弊社代表取締役をはじめ社員が授業に出席して最終のプロモーションアイデアなどプレゼンテーションを受けます。


詳しくは、プレスリリース内容(PDFファイル【427KB】)をご覧ください。